専門研修(専攻医)の受入

新専門医制度がスタート

新しい専門医制度が、2018年4月に導入されました。
特定の診療領域について十分な知識や経験を持って適切な医療を提供できる「専門医」は、これまでさまざまな学会が独自に認定していました。
新制度では、学会や医師会、病院団体らが参加する日本専門医機構が設けた統一基準で認定されます。
目的は、専門医の質を確保するとともに、患者にも分かりやすい制度を作ることです。
医師が専門医と認定されるには、原則3~5年程度の研修プログラムを修了した上で、試験に合格しなければなりません。
新制度では、この専門医研修プログラムに登録、実践中の医師を「専攻医」と呼びます。

「研修医」に広義と狭義の意味

それでは、専攻医と研修医はどう違うのでしょうか。
実は、研修医という言葉も、専門医認定が学会次第でばらばらだったように、あいまいに使われてきました。
狭義では、医師国家試験に合格した後に2年間義務づけられている「初期臨床研修」中の医師を言います。
初期臨床研修は、基本的な診療能力のある医師を養成することを目的に、2004年度に始まりました。
法律に義務づけられた制度で、内科、外科、救急などを2年間かけて回ります。
これに対して、初期研修を終えて専門の診療科へ進んだ医師を、よく「後期研修医」と呼びます。おおむね3~5年目の医師をさします。
そこで、広義では、後期研修医も研修医という枠に含めてきました。
ただ、初期研修と後期研修では、制度的な位置づけでも仕事の内容でも、両者の立場は、大きく異なります。
3年目以降の後期研修医ともなれば、病院は若手の貴重な「戦力」と捉えます。

順天堂大学医学部付属順天堂医院内科 専門研修(専攻医)についてはこちら

聖マリアンナ医科大学病院 専門研修(専攻医)についてはこちら

年間担当スケジュール

◆研修プログラム登録者

2022年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
氏名
(所属)
    稲葉慎太郎
(順天堂大学医学部)
 
    西澤 一
(聖マリアンナ医科大学)
 

受入状況

専門 2020年度 2021年度 2022年度
循環器内科医 2 1 1
腎・高血圧内科医 2 1  
消化器内科医 2 1  
呼吸器内科医 1 4  
外科     1
合  計 7 7 2

※2022年度は予定数となります。

専攻医の声

>2020年度はこちら

 2021年度

萩原 悠 専門:消化器内科

島田のアットホームな雰囲気が好きで研修医に引き続き専攻医でも戻ってきました。
予約を調整いただいた事務さん方、ご飯をとっておいてくださる給食のスタッフの方々、処方を直してくださる銚子薬局の薬剤師さん、残検体はと電話をかけまくった検査技師さん、リハビリはどうですか突撃した理学療法士さんなどなど、本当にありがとうございました。
先生方には、のろのろの内視鏡を我慢強くご指導いただいたり、処方から退院調整まで多々相談させていただいたり、経験を積ませて頂きました。看護師さんはもう書き切れないほどのエピソードがあります、皆さん大好きです。
多々ご迷惑をおかけしながら、皆様に暖かく支えて頂き、3ヶ月充実して過ごすことができました。島田での経験を糧に今後も精進していきたいと思います。3ヶ月間ありがとうございました。

太田 奈那 専門:呼吸器内科

島田総合病院のスタッフの皆様、3ヶ月間大変お世話になりました。
研修医の指導も含め、自分の未熟さを痛感した3ヶ月でしたが、スタッフの皆様に助けていただきながら何とか終えることができました。悩むこともたくさんありましたが、振り返ると業種の垣根を感じさせないアットホームな雰囲気の中で、楽しく仕事をさせていただいたなと感じます。新型コロナウイルスの対応等、今でしかできないような経験もさせていただきました。
ここで得たことを、今後の診療にも活かせるよう精進していきたいと思います。
本当にありがとうございました。

本島 舞 専門:呼吸器内科

3ヶ月間ありがとうございました。
治療方針等の相談に乗って頂いた先生方、外来、病棟で困ったときに相談に乗っていただいた看護師さん、転院調整について相談に乗っていただいた医療連携室の方々、朝食やお昼を用意していくださった調理師さん、病棟、寮でお世話になったMさん、初めての病院であり最初は緊張しておりましたが困ったときにすぐに声をかけてくださる病棟スタッフの皆さんのおかげで仕事をがんばることができました。至らぬ点も多くご迷惑をおかけしたことも多々あったかと思います。
3ヶ月間本当にありがとうございました。そういった経験の度に色々な方々に助けて頂き、この3ヶ月間は本当に色々な方にお世話になって非常に感謝しております。重ね重ねありがとうございました。またご縁がありましたら、宜しくお願いいたします。

菅原 優香 専門:循環器内科

島田総合病院では自分が専攻する循環器内科以外の疾患も幅広く主治医として見させていただき、また院長や医局の諸先生方循環器の先生方にもご指導していただき、大変勉強になる3ヶ月でした。また看護師さん方、リハビリ室、放射線技師の方々、事務さん方、Mさんと大変多くの方に支えられて、とても楽しい3ヶ月でもありました。
この一年間、火曜日の内科外来を外勤先として受け持たせていただいておりますので、まだ島田総合病院との関わりは続くと思われます。医師免許が書き換わり次第名字も変更となってしまいますが、見かけた際には是非お声かけください。

藤岡 進也 専門:呼吸器内科

当初は病院のシステムに不慣れであり、「主治医」としての立場に少なからず不安な点もありました。しかし、院長を始めとして相談に乗っていただいた常勤・非常勤の先生方、処置・検査の依頼をいつも快く引き受けて下さった外来・病棟看護師さん、検査・放射線技師さん、PT/OTの方々、社会調整や書類業務で諸々お世話になったMSWのお2人・事務さん、日々患者様と私達の栄養面をサポートして下さった調理師さん、そしてMさんと、多くの方々のお陰で臨床に尽力できました。
島田総合病院での3ヶ月はとても実りあるものになりました。今後何らかの形で島田に携わればと思います。3ヶ月間ありがとうございました。

藤岡 りこ 専門:呼吸器内科

島田総合病院の皆様、3ヶ月間という短い期間でしたが大変お世話になりました。初日から外来と病棟に追われ、不安になることが多々ありましたが、優しいスタッフの方々に支えられて楽しく過ごすことができました。
治療に関しては、自分の未熟さを痛感することばかりでしたが、入院から退院まで自分で責任をもって患者様と接することができ、医療面でも社会面でも医師として勉強になることばかりでした。今後ここでの経験を生かして日々頑張って行きたいと思います。ありがとうございました。

濱口 真希 専門:腎・高血圧内科

島田総合病院のみなさま、研修医3月と合わせて4ヶ月間大変お世話になりました。
ただただ楽しかった研修医の1ヶ月とは違い、専攻医として働かせていただいて悩むこと、辛いことも沢山ありましたが思い返してみれば全てとても良い経験だったなと感じています。
こんなにアットホームで素敵な病院で働けたこと、とても幸運に思います。
主治医として診療した経験を、今後の診療に生かしていきたいです。
本当にありがとうございました。